• ホーム
  • プリリジーのベストな摂取タイミングは?

プリリジーのベストな摂取タイミングは?

2020年03月29日
考えている男性

早漏の悩みを解決したいときに役立つのは、プリリジーという早漏治療薬です。
うまく勃起しないときに用いるED治療薬はよく知られていますが、早漏治療薬となると初耳だという人も少なくありません。
しかし、早漏治療薬には高い効果が期待できることが知られています。
正しく服用するように心がけていれば、射精時間をしっかり延長させることが可能なのです。
どのタイミングで服用するのがベストなのかを理解し、常にそのタイミングを意識することが効果につながります。

プリリジーは早漏対策に用いる薬なので、性行為前に服用する必要があるのは当然です。
ただし、服用した直後に効果が出てくるわけではありません。
服用してから効果が出てくるまでに一定の時間がかかるため、性行為1時間前に服用するのが基本です。
言うまでもなく、どのくらいで効果が出るかには個人差がありますが、初めて服用する場合は性行為前1時間という目安を守るのが望ましいといえます。
自分には合わないタイミングだと感じたら、次からタイミングをずらせばよいのです。

プリリジーは食事の影響を受けることが少ない早漏治療薬なので、服用するタイミングを考えるときに食事の時間を考慮する必要はありません。
もちろん影響を受けにくいとはいっても、満腹の状態などで服用するのは大変です。
いつ性行為をするのかを考え、食事をするタイミングを見計らうことが必要になります。

プリリジーの効果は服用してから3時間ほど持続するので、よほど服用するタイミングを間違えない限りは性行為で失敗することは考えにくいです。
ただし、初めてのときから確実なタイミングで服用するのは困難なので、慣れるまでは失敗する可能性もあります。
早漏の悩みというのは一気に解消するものではないので、治療薬を服用する男性は継続して服用するものです。
何度か摂取することで飲み慣れて、どのタイミングが自分にもっとも適しているのかが分かるようになります。

服用時にこれだけは注意したい!

プリリジーを正しく摂取するようにしていれば、早漏の悩みを解決する効果が期待できます。
ただし、プリリジーの効果を最大限に発揮するためには、タイミング以外にも考慮しなければならないことがあるのです。
食事の影響を受けることはほとんどないのですが、アルコールの影響は強く受けてしまいます。
プリリジーを服用するときにアルコールが入っていると、効果を発揮することができません。
性行為の予定があり、プリリジーを飲むと決めている日はアルコールを避けるようにします。

食事やアルコールの影響を受けるかどうかは、薬によって大きく異なっていることに注意しなければなりません。
影響がない薬を服用するときは、アルコールを避ける必要はないわけです。
また、薬の飲み合わせを考えることも必要になります。
一緒に服用して問題ない薬もあれば、一緒に服用すると副作用のリスクが出てくる薬もあるのです。
当然のことながら、副作用の可能性がある薬の飲み合わせには細心の注意が必要とされます。

アルコールや薬の飲み合わせ以外に注意するべきなのは、他に何らかの症状を抱えている人です。
たとえば心不全・不整脈の心疾患があって薬を飲んでいる人は、プリリジーを摂取することができません。
うつ病・統合失調症のような精神的疾患の場合も、同様にプリリジーの摂取が禁止されています。
どのような場合にプリリジーを摂取できないのかについては、きちんと医師に確認しなければなりません。
安易に自己判断で済ませてしまうと、重大な副作用のリスクがあります。

あらゆる薬に共通することですが、プリリジーの場合も用法用量を厳密に守ることが大切です。
高い効果が期待できる薬でも、飲み方を間違えてしまうと効果が発揮できなくなります。